View Tomoaki Sawada's profile on LinkedIn Share
Locations of visitors to this page

Cloud Box

2011/09/28

 Intalio Japanでは、Intalio本社と若干異なる形で皆様にIntalio Cloudの使い方を説明しておりました。様々な使い方、テンプレートも実際に作成しており、資料の中に詳細については記述しております。



 


 Intalio CloudにあるObject Builderという製品とマイクロソフトさんのLightSwitchという製品を比較した資料を作成しましたので、公開いたします。

 


 Intalio Cloudを説明する際、利用しておりました資料を公開致します。
 主に、機能面を中心とした内容になっております。


 

第二弾として、以下のスライドショーを公開します。

スマートフォンと連結をしており、スマートフォン側はスマートフォン専用のオープンソースを利用し(Intalioではありません)、実装しております。


Human resource
View more presentations from Daisuke Sugai

 
Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

最近、IntalioCloudは開発環境として利用するケースを目指してきております。
と同時に、開発環境のみではなかなか皆さんがどのように利用するのか、という点を理解できないケース、状況が多々存在している事も事実です。

そこで、クラウド活用塾という名にて、テンプレートを公開していきます。
パソコンのみではなく、スマートフォン、iPad等も利用し、テンプレートを構築し、同時に実際に稼働しますデモプログラムも実装しております。

以下にスライドショーのみ公開します。

Finance model
View more presentations from Daisuke Sugai

 
Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

先日の講演会にてお話をさせて頂きました「クラウド時代に求められる人材とは?」というスライドを公開します。 よろしくお願いいたします。
 
Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

IntalioとTitanium

2011/01/26
非常に新年の挨拶が遅れましたが、明けまして、おめでとうございます。先日の勉強会にてお話をしましたIntalioとTitaniumを利用したアプリケーション開発のプレゼンテーション資料を添付致します。今年もよろしくお願い致します。
 

Intalioのプライベートクラウドは、アジャイル開発的に素早くシステム開発を行い、素早くシステムを立ち上げる事を目的に展開しています。

タイトルの記事を読みますと、

なお、2010年7月に実施したユーザー調査で、プライベートクラウド導入検討中の企業にシステム構築予算を尋ねると、今後は500万円未満の小規模案件 が増加することが判明。

とあるように、クラウド環境で動かすアプリケーションは 大規模 < 小規模 という流れが続きそうです。大規模でしたら、クラウド環境ではなく、従来の環境の方が社内に蓄積された知識があると思いますので。

詳細は こちら

 

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は1日、クラウド環境を迅速に構築できるアプライアンスの新版「IBM CloudBurst V2.1」を発表した。従来と同様の価格ながら、ハードウェア性能の強化や、最新仮想環境の導入といった強化が行われている。参考価格は約3000万円か らで、販売は9月30日より開始する。

詳細は こちら

 

OpenStack

2010/08/26

 Iaasにスケーラブルな計算システムと分散オブジェクトストア等のソフトウェアをオープンソースで開発した製品が登場しておりました。OpenStack になります。

 一番気になる点は Eucalyptusと何が違うのか?

 文章を参照する限りでは、自分たちの望むような大規模なスケーラビリティを扱えるものがなかった、という事です。

 詳細は、こちら

 

2608件中(1件〜10件を表示しています)   前   |